2014年06月19日

やっぱり缶バッジ。

日本人だと女性の人気の方が圧倒的に多い缶バッジですが、海外だと男性も含め、特にアメリカ人は異様に缶バッジが好きだという印象を受けます。

自分がバンドをやっていなかったら特別気にもとめることがなかったアイテムかもしれませんが、今ではちょっとホットなノベルティグッズのひとつとして注目しています。

配れるくらいに安いしステッカーみたいに一度貼りつけるともうそこに留まり続けるというものでもなく、自由度が高くてずっと存在を示し続けてくれる、というのが缶バッジの販促品としての側面だと言えると思います。

だから企業さんでは販促品っていうととにかくオリジナル缶バッジをつくろうか、という話になるそうです。

あと、日本の場合は長引く不況の影響で販促品とか特典品とかに割く予算があまりなく、限られた予算の中で何かグッズをつくらなくては・・・・、という状況の中で、じゃあ缶バッジにしましょうか。

という流れがこの10年あたり多くあったようで、そのことが日本国内で急激に缶バッジの需要がましたことの一因と言えそうです。

缶バッジ製作業者さんもここ数年で増えました。

ただ消えてしまった業者さんも多くいるように思います。

消えてしまったというのはネット上からは、という意味ですけどそれはGOOGLEの仕様変更によるもので、実際は決して消えてはいないのかもしれませんが・・・。

ネットで勝負するというのはやはりリスクもありますし、要は缶バッジ製作業は製造業ですから、昔ながらの営業スタイルで顧客を掴んでいくという業者さんも多くあると思いますし、それが正解なのかなとも思います。

そんなこんなで国内外問わず人気の缶バッジですが、最近おもしろいサービスを発見しました。

Instagram 缶バッジ

Instagramと缶バッジ製作の連動サイトです。これは完全に個人ユーザーさん向けで缶バッジという小さなアイテムでこういう動きってこれまでなかったと思うし、おおいに注目できるサービスだと思います。

オリジナルグッズづくりが、昔は企業のものだったけど少しずつ個人のクリエーターさんへ、そして完全に自分が使用する目的での製作へとシフトしていっているのを感じます。

ユニクロもそれを感じているからこそのUTMEなんでしょうね。

なるほど。世の中の流れというものがわかってきます。

少なくとも缶バッジに関しては、流れに乗り遅れないようにしなくてはいけませんね。

がんばります!
posted by りょうた4pep at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。