2018年07月28日

魅力を感じる曲線

マグカップの流線型もそうですが、曲線というのは実は非常に魅力があると昔から思っています。
外国ではガウディという建築家の作った多くの建築物はこれまでの直線的なものとは真逆の美しい波のような曲線だったりします。心がなんとなくほんわかとしたり、リラックスできるという効用があるのかもしれません。

あとは、クラッシックカーとバイクにも曲線の美しさを感じたりします。最近のものにはあまり感じませんが、昔はもっと思い切った可愛らしかったりセクシーなものが多かったように思えます。なぜそのようなデザインが少なくなってしまったのかはよく分かりませんが、是非また復活してもらいたいと密かに思っています。

それからエレキギターの世界にもたくさん存在していたりします。特に高級と言われているギブソンのレスポールだったりリッケンバッカーなど割と大き目で瓢箪型のものにはセクシーさを特に感じてしまいます。音の良さはもちろんですが、デザインがいいというだけで価格が高くなるという部分もあると思っています。
オリジナルマグカップにも同様のことがいえます。

現在は全体的なデザインが直線的で無機質になりつつあるので、是非曲線の良さに気付いて欲しいなあと思っています。洋服の流行のようにまたブームがやって来るのかもしれません。
posted by りょうた4pep at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: